ブログ

生活習慣と歯周病について

2017年9月1日

こんにちは。

 

今日から9月ですね。最近、急に涼しくなりましたから体調を崩されないようにご注意下さいませ。

 

さて、今回は患者さんから質問の多い歯周病についてのお話をしようと思います。

 

 

皆様は歯周病の予防についてどのように対策をされているでしょうか?

 

歯周病は、虫歯とともに歯を失う大きな原因の一つで、

 

歯垢を歯磨きの時に取り残してしまうとその中の細菌が毒素を出し歯肉に炎症を引き起こします。

 

進行すると、歯と歯槽骨の結合を破壊し、骨を溶かして、歯が動揺しグラグラになります。

 

そして、最後には抜歯になってしまう場合があります。

 

歯周病の恐ろしいところは、初期から中期にかけては痛みを自覚することは少なく、

 

徐々に症状が進行し、末期になった時に痛みを伴う場合が多いのです。

 

 

 

 

では、歯周病を悪化させないためには生活習慣をどのように気をつけていけばいいのでしょうか。

 

正しい歯磨きが重要なのはいうまでもありませんが、

 

歯周病は歯と歯槽骨との結合状態が悪化して起きるので、

 

歯に負担がかからないようにする必要があります。

 

くいしばりを控えて、左右バランス良く咀嚼しましょう。

 

歯が無い所があれば必ず義歯を入れる必要があります。

 

硬い食べ物を控えることも有効であるといわれています。

 

硬い食べ物が好きな方は辛いかもしれませんが。。。

 

 

また、喫煙は歯周病を悪化させる大きな因子であるので禁煙することをオススメ致します。

 

ただし、歯周病が進行してしまい症状が改善しない場合には手術が必要となる場合もあります。

 

最近では、特殊な薬剤を使用して部分的に失われた歯槽骨を再生させる治療法もあります。

 

 

歯は快適な生活を送るために必要不可欠なものです。

 

ご自身の歯を大切に使うためには定期なメンテナンスが重要になります。

 

歯周病でお悩みの方は受診をお勧め致します。是非ご相談下さい。

 

 

南小岩の歯科・矯正歯科
医療法人社団 瑞穂会 黒木歯科医院

 

 

 
黒木歯科医院 〒133-0056 東京都江戸川区南小岩5-16-20
ご予約・お問い合わせは03-3671-2856
Copyright (C) 2014 KUROKI DENTAL CLINIC All Rights Reserved.