ブログ

矯正装置のご紹介です。

2017年11月27日

こんにちは!
そろそろ12月になります。
クリスマスですね!
少し早いですが当院でもちいさなサンタさんを飾りました🎵


 

さて今回は矯正装置の種類についてお話ししようと思います。

ワイヤー矯正は、最も良く知られた矯正治療法です。
『 矯正 』というとこれを思い浮かべる方が多いと思います。

 

金属ブラケット(メタルブラケット)

歯の表側に接着する装置(ブラケット)が金属製のもの。メリットは丈夫で費用も低額なこと。ただし、金属色が目立ってしまうことがデメリットです。

 

審美ブラケット(クリアブラケット)

ブラケットが透明や白色の目立たない色で、審美性が高い装置。セラミックス製やジルコニア製、プラスチック製のものがあります。
ホワイトワイヤーを組み合わせると更に目立たずに矯正を行えます。

 

リンガルブラケット

歯の表側ではなく裏側に装着するブラケット。表側からは見えないので、周囲の人に矯正していることが気付かれにくいことが大きな特長。この装置を使った矯正を「裏側矯正(舌側矯正)」といいます。
ただしオーダーメイドで装置を作るため費用がかかるのが難点です。

 

マウスピース矯正(アライナー、インビザライン)

ワイヤーやブラケットを一切使わず、マウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着することで、歯を移動させるのがこのマウスピース矯正。
メリットは、矯正装置が透明に近いため、周囲の人に矯正しているのが気付かれにくいことや、装置は厚さが1ミリ以下と薄いので、装着時の違和感や不快感が少ない傾向にあることです。ただし、こちらもオーダーメイドのため費用がかかることや不向きな症例もあります。

 

 

お口の中の状態や患者さんの希望によっておすすめする装置は変わってきます。
見た目の他にもそれぞれにメリット・デメリットがあるので、どれがあなたにピッタリな治療法かはよく相談して決めていきましょう。

 

 

南小岩の歯科・矯正歯科
医療法人社団 瑞穂会 黒木歯科医院

 
黒木歯科医院 〒133-0056 東京都江戸川区南小岩5-16-20
ご予約・お問い合わせは03-3671-2856
Copyright (C) 2014 KUROKI DENTAL CLINIC All Rights Reserved.