ブログ

矯正治療はいつ始める?

2017年9月16日

こんにちは!

 

週末には台風が列島縦断するようです。

 

皆さんもお出かけの際にはご注意下さいませ。

 

 



 

さて、今回は矯正治療のお話しをしようと思います。

 

お子様の矯正治療を考えていらっしゃる、親御さんから

 

「こどもの矯正治療をはじめる時期はいつ頃が良いのですか? 」との質問を大変多く頂きます。

 

小児の矯正治療は乳歯の歯列の頃あるいは乳歯から永久歯へ生えかわる混合歯列期に行います。

 

この時期は顎の骨がやわらかく、これから成長していく小児ならでは治療ができます。

 

代表的なものとしては上顎骨と下顎骨の成長にアプローチしバランスを整えたり、

 

永久歯の生えるスペースを獲得するために顎の大きさをひろげる治療等があります。

 

こういった治療は子どもの時期しか行えないもので、

 

正常な成長を促し、症例によっては将来歯を抜かずに治療を行うことができる場合もあります。

 

 


 

矯正を始める一つの目安として、6歳臼歯が生えてくる頃の受診をお勧めしています。

 

ただし受け口や、部分的な不正咬合の場合には3〜6歳の早い時期に治療をすることで

 

マウスピースのような取り外し式の装置や、部分的な装置で治療が行える場合もあります。

 

患者さん各々により症状は違いますし、歯の生え変わりの時期も個人差がありますので、

 

矯正治療は何歳にはじめなくてはいけないというものではありません。

 

不正咬合の種類、顎の成長の時期、永久歯の交換時期等を予測した上で

 

矯正治療の開始時期を決めていかれることをお勧めします。

 

適切な時期に治療を行うためにも歯並びや噛み合わせについて気になることがありましたら

 

黒木歯科医院までご相談下さい。

 

 

 

南小岩の歯科・矯正歯科

医療法人社団 瑞穂会   黒木歯科医院

 

 

 
黒木歯科医院 〒133-0056 東京都江戸川区南小岩5-16-20
ご予約・お問い合わせは03-3671-2856
Copyright (C) 2014 KUROKI DENTAL CLINIC All Rights Reserved.