ブログ

健口から全身の健康を

2018年6月12日

江戸川歯つらつチェック(口腔ケア健診)についてはお知らせをしましたが、健診の目的について詳しくは触れていませんでしたので今回お話していきたいと思います。

 

近年、加齢に伴う喉や舌の筋力低下などによって口からうまく食べられない、いわゆる摂食嚥下障害の患者さんが増えてきています。

摂食嚥下障害になってしまいますと「誤嚥性肺炎」などを発症するリスクが高まり、胃ろうなどチューブを使い栄養を摂取する必要が出てくる場合があります。

口から食べ物を摂取できなければ生活の質も低下していきます。

このように摂食嚥下機能を低下させないために、早期に飲み込む力を鍛え、高齢になっても口から食べられるように支援する取り組みが全国で広がってきています。

 

飲み込む力が衰えてきているのかチェックする方法が日経新聞で掲載されていましたのご紹介します。

 

 

「飲み込み力」の低下が分かる症状 10項目

 

  ①  痰(たん)がのどによくたまる

  ②  唾液が多いと感じる
  ③  声の感じが変わった
  ④  食事中や食後によくむせる
  ⑤  せき払いが増えた

  ⑥  寝ているときによく咳をする

  ⑦  飲み込むときに引っかかる感じがする

  ⑧  のどが詰まった感じがする
  ⑨  液体の方が固形物より飲み込みにくい

  ⑩  食べ物や飲み物が鼻に流れる

 

 

 

該当する項目が多く、不安に感じる方は検診をおすすめいたします。

重症化する前に、早い段階から飲み込みについての理解を深め、嚥下トレーニングなどで飲み込む力を衰えないように習慣づけましょう。

 

 

 

南小岩の歯科・矯正歯科
医療法人社団 瑞穂会 黒木歯科医院

初診予約受付サービス(インターネット予約)のお知らせ

2018年3月31日

すっかり暖かくなり桜も満開ですね。

花粉症の方には辛い季節でもありますが。。。

 

さて、当院ではインターネットで予約が可能な、初診予約受付サービスをご利用いただけます。

 

ページ上の「予約はこちら」のバナーから予約受付が出来ます。

 

 

 

インターネットでのお申し込み後、診察日・診察時間を調整しますので当院から電話を差し上げています。

ご本人様にご連絡が取れる電話番号の入力をお願いします。

 

当日のインターネットでの予約受付は出来ません、電話での受付となります。

 

初診予約受付サービスは24時間受付可能です。

初診の方のみのサービスではありますが、どうぞご気軽にご利用下さい。

 

 

 

南小岩の歯科・矯正歯科
医療法人社団 瑞穂会 黒木歯科医院

 

歯並びと顔つきの関係

2018年3月12日

こんにちは。

3月になり春一番もやって来て花粉症も始まりましたが、まだ寒い日が続いていますね。

体温調節には気をつけてお過ごしください。

 

さて、今回は歯並びと顔つきについてお話ししようと思います。

 

歯並びが整っているかどうかの目安となる「ライン」というものがあります。

代表的なものがEライン。(鼻先と下あごの先(オトガイ)を結んだ線のこと。)

日本人の大人の場合Eラインの線上か少し内側にくちびるがあるのが美しいとされています。

 

例えば上や下の歯が前に出ていると、横から顔を見たときにEラインよりくちびるが外に出てしまう場合があります。

矯正歯科治療で上と下の歯の位置をなおすことによって、くちびるの位置をEラインに近づけることができるので、口元がすっきりして見えるようになります。

 

同じように、正面から見て口を閉じたとき、くちびるの下に梅干しのようなシワが寄ることがありますが、これも矯正歯科治療で歯を後ろに下げることによって少なくなり、口を閉じやすくなります。

また、矯正治療治療に外科手術を併用すると骨格的な変化が起こる為、バランスのとれた顔になることもあります。

 

きれいな歯並びになると歯だけではなく顔つきも変化するのです。

患者さんに矯正治療をして自信をもって笑えるようになったと言われると私たちもとても嬉しく思います。

気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

 

 

南小岩の歯科・矯正歯科
医療法人社団 瑞穂会 黒木歯科医院

歯科用レーザーについて

2018年2月2日

今回は歯科で使用するレーザーについてお話しをします。

当院では20年以上前からCO2レーザーを導入し、さまざまな治療に応用してきました。

 

しかしながら、どのような効果や治療に利用するのかと疑問に感じる方も多いと思います。

そこで今回は歯科用レーザーとその治療について説明していきたいと思います。

 

レーザー治療は各医療分野でも利用されており、人体への安全性は確立し、副作用はなく妊娠している方やペースメーカーを使用している心臓疾患がある方でも安心して治療を受けていただけます

レーザーの光は、健康な歯・歯肉には、全く影響を与えずにむし歯や歯周病を引き起こす細菌のみに殺菌効果を発揮します。また、当院で使用しているCO2レーザーには痛みが少なく、細胞の再生を促進する働きがあります。

 

では具体的にレーザーを使用する治療はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

・歯周病の治療

歯ブラシの届きにくい歯周ポケットにレーザーをあてることにより、歯周病原細菌を急激に減らすことができます。歯肉にたまった膿を排膿し、痛みや腫れを抑え、治癒を促します。GTRやエムドゲインなどの歯周組織再生療法時、また骨造成時に利用することにより効果を高めます。

 

 

・口内炎、口角炎の治療

炎症がある部分に、レーザーを照射しますと、治療後皮膜ができ、炎症部分の痛みが軽減され、治りが早くなります。

 

 

・外科処置後の止血

抜歯後のレーザーで不良肉芽組織の除去を行い、止血に利用します。

 

 

・知覚過敏症の治療

歯の根が露出したり、歯質が削れてしまうことで知覚過敏がなりやすくなります。レーザーを知覚過敏が起こるところに照射しますと、数日後から症状が緩和します。

 

 

・歯肉の黒ずみの除去

歯肉の黒ずみ(メラニン色素沈着)にレーザーを照射し、上皮を蒸散することによって、新しい上皮を再生します。定期的に照射することによりメラニン色素が薄くなります。

 

 

また、虫歯治療や歯の根っこ治療など他にもいろいろな治療で利用できます。

レーザー治療は従来の治療と比べて音や振動が少ない為、不安感や恐怖感を最小限にでき、歯科治療に不安のある方でもストレスなく治療を受けていただけると思います。

レーザーについてご不明な点がありましたら、お気軽にご相談下さい。

南小岩の歯科・矯正歯科
医療法人社団 瑞穂会 黒木歯科医院

 

 

 

矯正治療と抜歯

2018年1月18日

寒さ厳しい毎日々が続いています。

センター試験も終わり、受験生の方々はこれからが本番ですね。

くれぐれも体調には気をつけて、万全な状態で挑んでくださいね!

 

 

さて、今回は【矯正治療における抜歯】についてお話ししようと思います。

矯正治療を受ける前、歯を抜くことをすすめられることがあります。

「健康な歯を抜くなんて!」「抜かずに治療できないのか?」

と抜歯に懐疑的になったりする人もいるのでは?

 

歯の本数を減らすかどうかは、矯正歯科医師にとっても重要な判断です。

歯を抜かずに治療できるならそれに越したことはないのですが、

骨の成長が止まっている大人の場合、条件によっては抜歯した方が良いケースも多いのです。

というのも、発育期の子供なら顎を拡大することで対処できる場合もありますが、

大人はそれが出来ない以上、歯の傾斜を大きくすることで調整するしかないからです。

それでも非抜歯にこだわると歯はきれいなアーチを描いて並んだものの、

本来並ぶスペースがなかったあごに無理矢理配列されたことで

前に飛び出し、出っ歯になってしまった!!ということも起こってしまいます。

こうなると治療後に後戻りが出やすくなるといわれています。

 

矯正歯科治療で必要な抜歯をするのは、

歯磨きのしやすい歯列に整えて、健康な歯を長持ちさせるため。

それが抜歯のメリットといえるのです。

 

大人の矯正治療は顎のスペースの中でいかに機能的で美しい噛み合わせを作るかが治療のポイント。

抜歯はそのための「必要なすき間づくり」なのです。

もちろん、抜歯後のすき間は治療中に閉じてしまうのでこのまま空いたままなのでは…という心配はご無用。

 

矯正歯科医から抜歯を勧められたら、理由をきちんと聞き、納得してから行いましょう。

 

 

 

南小岩の歯科・矯正歯科
医療法人社団 瑞穂会 黒木歯科医院

年末年始のお知らせ。

2017年12月28日

12月28日(木)19時をもちまして年内の診療は終了いたしました。

今年も多くの患者さんにお越しいただき院長をはじめ、スタッフ一同厚く御礼申し上げます。

来年もより良い医療をご提供できますよう、精進して参ります。

どうぞよろしくお願い致します。

 

休診中でもネットにて予約が可能ですので、どうぞお気軽にご利用くださいませ。

◆事前予約サービス(ネット予約)

なお、休診中はメール、お電話には返信することが出来ません。ご了承くださいませ。

 

 

12月29日(金)〜1月4日(木)は休診とさせていただきます。

年明けは1月5日(金)より通常通り診療をいたします。

 

 

皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

 

 

南小岩の歯科・矯正歯科
医療法人社団 瑞穂会 黒木歯科医院

CT撮影について

2017年12月13日

寒さ厳しくなってきました。

小岩のフラワーロードのイルミネーションも始まりましたね。

あっという間に年末が近づいてきました。

 

さて、今回は当院の歯科用CTについてお話ししようと思います。

CT(Computed Tomography )によって、従来のX線装置では見えなかった患者さんの3次元の立体データが得られることでより的確な診断が行えるようになりました。

インプラント治療、抜歯、根管治療、歯周病治療、矯正治療など正確な技術を要するものや目に見えない部分の診断には精密な検査が必要になります。

勿論、通常のX線装置でも診断は可能ですが2次元の情報ですから得られる情報には限界がありました。黒木歯科医院では、3D(3次元)の立体画像により、いままで見えない部分を容易に確認し、診断の精度をより上げることができるようになりました。

CT撮影により正確な診断を行うことが、歯科治療の安全性につながります。

では、CTを利用した歯科治療を具体的に見てきましょう。

 


【親知らずの抜歯】

顎骨に埋まってる親知らずの歯根の形状と、下顎の神経との位置関係を正確に知る事が、安全な抜歯に不可欠です。CTを用いれば、神経との位置関係も正確に分かり、抜歯時のリスクを減らすことができます。

 

【インプラント治療】

インプラント治療の際にも、顎骨の神経や隣の歯との位置関係も正確に分かるので安心です。シュミレーションも可能ですので、安全な手術が可能になりました。

 

【根管治療】

根管治療(根っこの治療)の診断にも利用できます。歯根の小さな病巣などの早期発見も可能になり、またピンポイントでの治療ができるので、最大の効果を発揮できます。

 

【歯周病治療】

3Dの立体画像により、歯周病による骨破壊の程度などをよりリアルに見て判断することが可能です。歯周病の診断をより正確にし、再生療法などの高度先進医療の成功率を高めます。

 

【矯正治療】

矯正治療への利用では、術前の検査で顎骨の状態や歯軸の方向性など通常のレントゲンでは分からない所を正確に診断することが可能となり、最適な治療方法の選択に役立ちます。

 

 

また、気になる被ばく量も、歯科用 CT は撮影時間・撮影箇所が限られるため、医科用 CT に比べ、約1/10と低水準です。患者さんの症例に応じて撮影範囲の選択が可能なので、被ばく量を最小限に抑えることができます。

当院では、CTを用いて適切な診断、安全な治療を第一に考えています。分からないことがありましたら、お気軽にご相談下さい。

 

 

南小岩の歯科・矯正歯科
医療法人社団 瑞穂会 黒木歯科医院

矯正装置のご紹介です。

2017年11月27日

こんにちは!
そろそろ12月になります。
クリスマスですね!
少し早いですが当院でもちいさなサンタさんを飾りました🎵


 

さて今回は矯正装置の種類についてお話ししようと思います。

ワイヤー矯正は、最も良く知られた矯正治療法です。
『 矯正 』というとこれを思い浮かべる方が多いと思います。

 

金属ブラケット(メタルブラケット)

歯の表側に接着する装置(ブラケット)が金属製のもの。メリットは丈夫で費用も低額なこと。ただし、金属色が目立ってしまうことがデメリットです。

 

審美ブラケット(クリアブラケット)

ブラケットが透明や白色の目立たない色で、審美性が高い装置。セラミックス製やジルコニア製、プラスチック製のものがあります。
ホワイトワイヤーを組み合わせると更に目立たずに矯正を行えます。

 

リンガルブラケット

歯の表側ではなく裏側に装着するブラケット。表側からは見えないので、周囲の人に矯正していることが気付かれにくいことが大きな特長。この装置を使った矯正を「裏側矯正(舌側矯正)」といいます。
ただしオーダーメイドで装置を作るため費用がかかるのが難点です。

 

マウスピース矯正(アライナー、インビザライン)

ワイヤーやブラケットを一切使わず、マウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着することで、歯を移動させるのがこのマウスピース矯正。
メリットは、矯正装置が透明に近いため、周囲の人に矯正しているのが気付かれにくいことや、装置は厚さが1ミリ以下と薄いので、装着時の違和感や不快感が少ない傾向にあることです。ただし、こちらもオーダーメイドのため費用がかかることや不向きな症例もあります。

 

 

お口の中の状態や患者さんの希望によっておすすめする装置は変わってきます。
見た目の他にもそれぞれにメリット・デメリットがあるので、どれがあなたにピッタリな治療法かはよく相談して決めていきましょう。

 

 

南小岩の歯科・矯正歯科
医療法人社団 瑞穂会 黒木歯科医院

東京デンタルショーに行ってきました

2017年11月13日

こんにちは。

今朝は12月並の気温のようで、急に寒くなってきた感じがします。

皆様も風邪予防の手洗い・うがいは小まめにお願いします。

先週末の2日間、東京ビッグサイトにて東京デンタルショー2017が開催されました。

 

 

 

東京デンタルショーは毎年この時期に開催され、各メーカーが発表した最新の診療機械や材料の紹介、著名な先生による講演など内容はさまざまでした。

 

 

歯科ユニットメーカーのブースではなんと100年前のユニット(治療用チェア)が展示されていました。

歯科機材の歴史も学べました。

 

 

 

今回、診療に必要な機械を手に入れることができたり、新しい技術や材料に触れる機会にもなり、大変意義のあるデンタルショーでした。

このデンタルショーで得たものを、普段の診療で皆様のお役に立てる事が出来ればと思います。

 

 

 

南小岩の歯科・矯正歯科
医療法人社団 瑞穂会 黒木歯科医院

日本矯正歯科学会に行ってきました!

2017年10月26日

こんにちは。

10/17〜20は札幌で行われた学会に行ってきました!

 

 

日本矯正学会は日本の矯正のなかでも一番大きな学会で多くの先生が出席しています。

色々な展示や講演、商社展示があり充実した時間を過ごすことができました。

矯正歯科も日々進歩しているので情報の更新が必要なのです。

 

今回学んだ事も日々の診療に活かしていきたいと思います。

 

 

南小岩の歯科・矯正歯科
医療法人社団 瑞穂会 黒木歯科医院

 

1 2
 
黒木歯科医院 〒133-0056 東京都江戸川区南小岩5-16-20
ご予約・お問い合わせは03-3671-2856
Copyright (C) 2014 KUROKI DENTAL CLINIC All Rights Reserved.